HPシリーズ仕組みと構造

  1. トップ
  2. HPシリーズトップ
  3. 仕組みと構造

安全性と強度ある突っ張りシステム

突っ張りポールが基本

HPシリーズはエクステンションピラーという、突っ張りポールが基本となっています。
このポールは、アッパーパイプ部分が伸縮し、テンションロッド(軸)で天井高まで突っ張り、固定します。

ポール1本あたりの使用耐荷重は60kgです。

ピラー下部のパイプ径は上部より大きいため、棚板等全てのオプション取り付けが出来ません。床面より590mm上からの取り付けとなります。

跡やキズが付き難い素材仕様

天井との接地部分
  1. 1)キズが付き難い仕様

    ポール上下の突っ張り部分はプラスチック製。接触面にはやわらかい樹脂(エラストマー)で天井や床面に跡やキズがつきにくい仕様です。

  2. 2)しっかりした突っ張り固定

    テンションロッド(軸)は、ポール伸縮を更にグッと固定させるバネです。このテンションロッド部分が見えなくなるように、天井に突っ張った状態で固定をさせます。

  3. 3)ネジ穴

    しっかりネジ止めしたい方の為に、ネジ穴も設けてあります。(天井・床の構造様式によりネジが異なりますので、ネジの付属はしておりません。ネジは市販品をお求めください。)

  4. 4)オプション取付

    オプション取付

    棚やハンガーパイプ、その他オプションは、ポールのアッパーパイプ部分内の、好きな高さ、好きな方向に取り付けていけます。

  5. オプションには「ブラケット」と呼ばれる金具がついており、この金具を、左のようにアッパーパイプ部分にセットしポールに付属している六角レンチで締めるだけでOK。

  6. 基本的なポールの設置方法やオプションの取付け方はこちらでご確認ください。

    >>基本的な設置方法